テクニック紹介

「カントン包茎」と言いたくない場合は突っ張る感覚があると言って相談するのがおすすめ!

「カントン包茎」を使わず相談することは可能

カントン包茎をコンプレックスに感じている人は、カントン包茎というワードを口にしたくないかもしれません。
その場合は無理にカントン包茎というワードを口にする必要はないです。
医師に相談する場合は突っ張る感覚があると言えば伝わります。
医師は数々の包茎手術を経験していますし、カントン包茎も珍しいものではありません。
一般人の感覚だとカントン包茎は恥ずかしいものかもしれませんが、医療を仕事にしている医師は何とも思わないので安心して相談するのがおすすめです。
包茎の中でもカントン包茎は突っ張る感覚が強いです。
カントン包茎と言わなくても医師に伝えることは可能なので、相談時に恥ずかしさを感じたり、不安に思う必要はありません。
事前の受付や問い合わせなどでカントン包茎というワードをどうしても使いたくない場合は、ただ単に包茎と言えば良いです。
その後医師とのカウンセリングでカントン包茎であることを伝えれば良いです。

相談する時は男性スタッフがおすすめ

カントン包茎と言うのが恥ずかしい場合は男性スタッフしかいないクリニックを選ぶと良いです。
女性スタッフにカントン包茎と伝えるのは恥ずかしいですが、同姓であればそこまで意識する必要はありません。
男性スタッフのみのクリニックはホームページを確認すれば分かりますし、それを売りにしているクリニックも多いので安心です。
直接問い合わせをして確かめるのは抵抗があると思うので、公表しているところを選ぶのがおすすめです。
男性特有のコンプレックスは女性に知られたくないですし、出来れば誰にも相談しないで解決させたいものです。
しかしカントン包茎の場合は自分の力だけで解決するのが難しいです。
自然に治る症状でもないので、必ず治療が必要になります。
治療はクリニックや病院でしかできないので、相談やカウンセリングは必ず必要です。
相談時に嫌な思いをしないように下調べをして、信頼できるクリニックを選んで相談するべきです。

まとめ

「カントン包茎」というワードを使わずに相談することは十分可能です。
カントン包茎の場合は突っ張る感覚があると言って相談すれば伝わります。
医師にとってカントン包茎も珍しいものではありません。
カウンセリングも仕事の一つなので、医師は何とも思わないです。
相談する時は女性スタッフよりも男性スタッフの方が気楽です。
男性スタッフのみのクリニックを探している場合は、必ずホームページを見て確認するのがおすすめです。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。