テクニック紹介

カントン包茎の相談は恥ずかしい場合は、男性のみのクリニックを選ぶのがおすすめ!

つらい症状で悩んだら

包茎とひとことに言っても色々な種類があり、特別な治療を必要としない人も少なくありません。
とはいえ、やはり重度の症状であればやはり治療は考えていきたいところです。
カントン包茎もつらい症状のひとつです。
カントン包茎は、包皮口が狭いことで起こる症状です。
狭い包皮口により男性器が圧迫されるので、締め付け感がありますし、鬱血した状態を放置していると一部が壊死してしまうリスクもあります。
性行為の面で不利になるだけではなく、不潔になりやすいこともあり健康面の心配もあります。
つらい症状でも我慢してしまう人もいますが、治療で良い改善も期待できます、まずは医療機関に相談することも考えてみましょう。
医療機関への相談は、泌尿器科でもありますが男性専門クリニックや美容外科でも相談に応じてもらうことができます。
カントン包茎は保険適用の対象になることもありますので、治療費でお悩みのある人も相談してみましょう。

男性専門のクリニックを選ぼう

カントン包茎の相談には、無料で応じてくれるクリニックも多いので、まずは気軽に悩みを相談してみましょう。
とはいえ、多くの医療機関では看護師や受付スタッフも女性が採用されていることが多く、カントン包茎の悩みを相談しづらいという人もいます。
医療機関では、プライバシーに配慮していますので、情報が外部に漏れる心配はありませんがやはりスタッフとはいえ、女性に知られるのは恥ずかしいと感じる人もいます。
そのような場合は、男性スタッフのみで対応するクリニックに注目してみましょう。
男性医師が相談に応じてくれることはもちろん、受付スタッフや看護師もすべて男性ですので異性の目を気にする心配もありません。
同じ男性ということもあり、カントン包茎の悩みをより理解してもらいやすいというメリットもあります。
男性医師や男性看護師が在籍しているかどうかは、クリニックの公式サイトなどで確認できますので、女性に抵抗があるという人は確認しておくことをおすすめします。

まとめ

カントン包茎は締め付けが強く、性行為に支障が出ることも少なくありません。
こうした悩みを根本から解消するなら、包茎手術を受けることも考えてみましょう。
まずは、相談から始めることになりますが、女性スタッフに知られるのは恥ずかしい、抵抗があるという人もいます。
包茎治療をするクリニックでは、そうした男性の気持ちに配慮し男性スタッフのにで運営しているところもあります。
こうした医療機関なら、女性の目を意識することなく安心して相談することができます。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。